連帯保証人はどういう役割の人か

何かの契約をする時に、その契約を希望する人の事を保証する人の事を保証人と言います。保証人は基本的に賃貸契約などだけでなく借金をする時にも用意しなければならない場合が有ります。また相手の事を保証する人には連帯保証人と呼ばれる人も居ます。どちらも相手の事を保証すると言う役割を担っている点では同じですが、責任の範囲は両者で全く違います。

 

通常保証人には催告の抗弁権と、検索の抗弁権、さらに分別の利益の3つの権利が認められてます。催告の抗弁権は債権者がいきなり保証人に請求してきた場合でも主債務者に請求して欲しいと主張できる権利の事です。また検索の抗弁権は主債務者に返済を求めるか、財産の差し押さえをして欲しいと主張できる権利の事です。そして分別の利益は保証人の人数で分けた金額だけを負担すれば良いとされる物です。

 

しかし連帯保証人自体は債務者と同様の責任が生じる為、保証人に認められる3つの権利が認められていません。だから急に請求されてもそれに従わなければならず、主債務者に変わって全ての借金を返済する事にもなり得るのです。つまり、連帯保証人の方がより大きな責任を課せられる仕組みです。

 

従って、もし主債務者が債務整理を行った場合、連帯保証人は自分が保証している債務に関しては返済の義務が発生する事になります。だから債務者自体は確かに借金の減額免除が出来る為、借金問題から脱出する事も可能ですが、連帯保証人の方は債務者に代わって借金の返済をしなければなりません。従って誰でも連帯保証人になる事が出来る訳ではなく、借金をする場合であればその人自身の個人信用情報で問題が無い事や、安定した収入があること等を証明して認められなければなりません。