本人と連帯責任を負う連帯保証人

保証人というのは、本来の債務者が債務を履行しない場合に、本人に代わってその債務を履行する責任を負っている人のことをいいます。そのなかでも特殊なものが連帯保証人で、本来の債務者と連帯してその責任を負っているところにポイントがあります。わが国では賃貸マンションやアパートへの入居、借金などの重要な契約をする場合に、本人が契約書に署名捺印するのとあわせて、連帯保証人を立てて署名捺印を求めるのが一般的です。

 

賃貸マンションへの入居を例にすれば、入居している本人が家賃を滞納した場合には、通常であればマンションのオーナーは滞納している本人に対してまず未払い額の請求を行い、それでも目的が果たせないときに限って保証人が本人の代わりに支払うことになります。単なる保証人の場合には、法律上、抗弁権とよばれる権利が認められているため、まずは本人に請求するようにオーナーに対して要求し、しかも本人に弁済ができる程度の資力がある場合には、オーナーが本人の財産に手を付けるまでみずからの債務の履行を拒否することができます。

 

しかし連帯保証人が単なる保証人と大きくことなるところは、この抗弁権が認められていないところで、オーナーの側では本人に対して請求することも、また連帯保証人に対してダイレクトに請求することも可能です。連帯責任というのは、つまりは本人と同じ責任を有しているということですので、その結果として、本人がたとえ返済可能だったとしても、オーナーから請求があれば、連帯保証人の側が支払わなければならない事態が生じてしまいます。

 

このような強力な制度的背景があるため、かつて連帯保証人の側が自己破産をしてしまうなどの悲惨なケースが相次ぎました。現在では民法が改正されて施行を待つ状態で、これまでの連帯保証人とは違って、債務の上限額をあらかじめ決めて、その範囲での責任を負えば済むようになります。