自己破産すると生活が不便になる?

自分がお金にルーズな生活を送っていたのも悪いんですが、キャッシングならいつでも気軽に借りられますし、お金がないときにはとりあえず借りることを繰り返していました。そのうちに返済が難しいレベルにまで借金が膨れ上がり、返済が滞っていると様々な業者から督促が届き、延滞金の発生で驚くような借金総額になってしまいました。

結局、自分が選んだ道は自己破産です。弁護士に相談すると、それしか方法がないといわれてしまったんです。弁護士の方の協力もあって、割とすんなりと自己破産できましたが、代わりに車を手放すことになりました。また、自己破産後10年間はローンやキャッシングができない状態に変化します。クレジットカードであっても作れない状態になったんです。

最初はこれで生活できるのか不安でしたが、実際に経験すると、そこまで苦しい生活でもなかったのが意外でした。確かに借金ができなくなったものの、代わりに無駄な支出が減りましたし、車がなくても他の移動手段を工夫すれば通勤できることを覚えました。クレジットカードがなくても銀行口座が作れますし、現金だけで生活が送れるのでそれほど不便ではありません。自己破産することで、普段の生活を取り戻せた感じがします。

自己破産をして人生を立て直しました

自己破産という方法は、もちろん以前から知っていました。しかし、プライドもあり、破産という行為をなかなか実行する気にはなれませんでした。しかし、借金に借金を重ねる日々で、どんどん借金額は膨れ上がり、どうにもこうにもいかない状態になったのです。

それでも自宅だけは守りたいと思い、まずは債務整理の中でも資産を手放さずにすむ、個人再生の道を模索しました。しかし、私の収入と借金額とでは、個人再生の定める期限内にとても返済できる見込みはないと分かりました。そこで、腹をくくって自己破産をすることにしたのです。私は自己破産によって、家も車も失いました。しかし、毎月の高額返済の負担がなくなりました。以前のように、働いても働いても返済に消える…ということはないのです。

そのため、気分が非常に軽く、久々に労働意欲に燃えています。以前はモチベーションなど皆無だったのに、今では何か新しいことにチャレンジできそうな気にもなっています。自己破産を決意してよかった。決心できなければ、一生借金まみれの人生だったことでしょう。このチャンスを無駄にしないためにも、生まれ変わった気持ちで、今度こそ借金のない人生を送ろうと思っています。

自己破産して良かったです

私はもともと買い物依存症でした。買い物している時が楽しくて、ものを得た喜びに満足するようなタイプです、だから自分が欲しいと思うようなものでなくて購入して喜ぶようなところがありましたこれは安くてお得に購入できたとか、その商品の価値は商品そのものではなく、どうやって手に入れたかということに喜びを感じていたのです。

ですから不要なものをどんどん購入していましたどんどん買い物をしても生活がすぐに困窮することはありませんでした。なぜなら全てクレジットカードで支払っていたからです。お財布の中が空っぽでもクレジットカードさえあれば、いくらでも好きなだけ買い物することができたのです。1枚にのクレジットカードが限度額をオーバーしても、次のクレジットカードを使え問題ありませんでした。そんな生活をしているうちに、ついに支払いができなくなりました。

貯金を全ておろして支払いに充てましたがどうにもなりません。困り果てて弁護士さんに相談に行きましたそこで自己破産を勧めてもらいました自己破産には少し抵抗がありましたが、支払い能力のない私は他に選択肢はありませんでした。自分の愚かさを初めて痛感したときでした。自己破産できて良かったです。


借金苦 頭の中はいつも借金でいっぱいいっぱい。心の平安は奪われ、借金苦で日々の生活もままならない。そんな時は一人で悩まず、頼りになる弁護士に頼んでみるのも選択の一つです。